MEMO....戯れ言やら更新情報やら。:過去ログ↓ |TOP|
|2001||2002前半|08|09|10|11|12|...2003 |01|02|03|04|05-07|08|09|11|12||...2004||01|02|03|04|05|06|07|08|09|10-12| ...2005|01-03|04-05|06-08|09-10|11-12||...2006|01-02|03-07|08-09|10|11-12| ...2007|01-02|03-04|05-08|09-10|11-12|| ...2008|01-04|05-08|09-12|...2009|01-03|04-05|06-12|...2010|01-04|05-08|09-10|11-12||...2011|01-02|03-04|05-06|07-08|09-10|11-12|...2012|01-02|03-04|05-06|07-08|09-10|11-12|...2013|01-03|04-07|10-11|12|...2014|01|03-04|05-09|10-12|...2015|01-04|05|06-08|09-12 |2016|01-03|07-08|09-11|12|...2017|01-05|06-08|09-12|...2018|01-02|03-06|07-09|10-12|..2019|01-0405-12|...2020|1-0910-12|..2021|  01 -02|


※更新していないなぁ、、と思ったら再読み込みしてみて下さい。不定期連続更新が多いです。




忍者屋敷


墨田区のタワーハウス、完成しました。
屋上からスカイツリーと電車を眺めるの図。




3階LDK



そして。
小上がりを作りました。蓋を開けると床下収納にもなります。
小上がり







、、、、、で。








じゃじゃん、忍者屋敷!
忍者屋敷
私、階段に蓋を作ったのは初めてです。試行錯誤しましたが、何とかできました。もうちょっと改良する予定。





----------------------------------------
T邸も進行中。
足場が外れました!


内部壁は、施主施工。Tさんご夫妻、奮闘中です。



(0414)











桜坂の満開も過ぎました。今年の桜は早かったですね。
さくらざか






タワーハウスの経過ページ作りました。
そっちには先に載せていたけれど、ドア塗りの続きの巻。



前回、途中までだったのでその続きです。午前中に施主検査をやったので、その後の行動です。
「さてどうやりましょうか?」
「うーん、わからないけど大胆にやってみましょ!」
と、勢いで攻めることにしました。

で、Hさんからスタート! ゴールドを重ねます〜



おぉ、大胆!



そのくらいやって良いのね?と、反対側は、ワタクシが塗ります。



たしか赤っぽいのありましたよね?赤も重ねましょ!と、次は赤。


うーん、どうなんだろ?
なんだか先が見えなくなてきたぞ。。。。


この後に黒を重ねれば落ち着くはずと、塗料を見てみると、黒が無い、、、。ダークブラウンでした。そして重ねるものの、マダラ模様が広がる〜〜。
写真なし。







次の戦略。シャバシャバに薄めて重ねれば、まとまるんじゃない?
やってみました。
油絵風?のような質感になりました。
Hさんと、これ永遠に終わらないね〜と言いながら手を動かします。


感覚が麻痺してしまったので、この辺で良しとしましょうか?と、一応終了。
完成写真は後日。



床のヘリンボーン、キレイです。階段側の小上がりはまだ未完成。階段部分にもフタがつくのです。そして着色すると落ち着く予定。
ヘリンボーン



(0330)








現場進行中



BEAL STONE

T邸は、施主工事とか施主発注工事が混在しています。コチラの左官仕上げも工事とは分離した施主発注工事です。モルタルベースに色々混ぜ合わせたモールテックスと同じ性質の仕上がり。Tさんがお付き合いしている左官屋さんとTさんの共同作業。これは1階の洗面カウンター。この後に仕上げ用のオイル塗り。
beal stone

キッチン天板の施工中。左官屋さん曰く、20分で硬化が始まるから、作業時間は忙しいそうです。白のツブツブの散りばめ具合はTさん奥様のサジ加減です。乾燥硬化した後日に表面研磨になります。
ビールストーン


洗面室兼通路



洗面カウンターの下地状態。アクが出ないようにシナランバーを使いました。
洗面台 下地


そしてBEAL STONE。表面研磨の途中工程の状況。この後、壁面もBEAL STONEの予定。
BEAL STONE
その他、この建物壁全体の内装壁の塗装はTさん工事(施主工事)。まだパテの下塗り段階なので、まだまだ大変そうです。ただし、天井塗装はやりきれないとの判断から、天井は工事の塗装屋さんに依頼しています。


------------------------------------------





タワーハウス


こちらも施主工事の一コマ。先日、施主Hさんたちと一緒に玄関ドア塗装を行いました。まずはマスキングと下地シーラー塗り。その後、乾燥させてアイアン塗料のベース色で塗りつくします。サビが出たレトロな感じに仕上げたいので、調色用の色も何種類か用意しています。
アイアン塗料


2度塗り予定の1度目が終わったタイミングで事態急変。Hさんに急用が発生してしまい、中断です。すぐに再開できないのでマスキングを剥がして仮仕上状態としました。下の写真。
玄関ドア アイアン塗装

続きは、後日に再度のリベンジです。またマスキングやるのかぁ・・・が、Hさんと私の共有意識(笑)だと思います。素人は塗装作業って塗るのは楽しいんだけど、マスキングはひたすら面倒なんです。それとフィニッシュイメージは、サビが浮いた感じですが、試しにちょっとやった限りではイマイチでした。もうちょっと研究しなければ、、、と思っている最中です。

(3/12)










魔物が暗躍する世界


よく、サーキットには魔物が棲んでいるとか言われるけれど、昨年から世界中で魔物が暗躍というか、なりふり構わず活性化しているように感じます。事実は小説より奇なりを目の当たりにしているのかな?と。どこからどう書けば良いか収拾がつかないので箇条書き。

・「PCR陽性者=感染者ではない」。12月2日の国会答弁で厚生労働省が回答しています。なぜかTV新聞等の既存メディアでは一切報道されず、youtube上にアップされた動画はすぐに削除される。そして毎日、感染者(陽性者)が増えましたと報道されています。

・「厳密な死因を問わず、陽性者は死亡数」として公表すること。←厚生労働省の通達。何が何でも、どうしても増やしたいらしい。交通事故が死因でもカウントされてましたね。
https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

・ウィルス性の風邪の一種です←厚生労働省。はい、ちゃんと風邪の一種ですと以前から宣言されています。実はインフルエンザと同じ扱い??もちろん、予防に気をつけましょう。
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

なんか変だな?と思ったら、ネット上で幾らでも情報が手に入ります。TVは洗脳装置なので、まずは自分で調べることに尽きると思います。ワクチン打つのが本当に良いの?とか、納得の上で行動するのがベターかと。ちなみに魔物とはウィルスではなく、DSと呼ばれている人たちや、中共だったり、ウインドウズの創設者とかを指します。GAFAは操っている側なのか、協力している立場なのかは、私レベルでは全くわかりませんが、米国大統領選挙は明らかな八百長が通ってしまいました。不都合なことはSNSでは即刻削除のようですし。
それと、「スーパーシティ」、「スマートシティ」構想が不気味です。そういえばペットへのマイクロチップ埋込が法律で義務化になってます。これらも自分で調べてね。





(02/24)


ヘリンボーン


最近、「ヘリンボーン柄を取り入れたい」というリクエストが増えています。クライアントのみなさま、Pinterestとかで情報を集めることが多いですね。ここ最近の実例です。

1、南久が原Hタイプのキッチン背面
ヘリンボーン タイル


2、同じくHタイプの玄関床
ヘリンボーン床


3、南久が原Mタイプの洗面カウンターの壁
ヘリンボーンモザイク


4、墨田区のタワーハウスの3階床。まだ養生しているから全景は見れず。貼っている最中の写真です。ミモザのヘリンボーン。この現場の大工さんは、初めて貼ったそう。最初貼った部分はズレが出てしまい、結構な範囲を貼り直したと言ってました。
ミモザヘリンボーン
あ、業務連絡>Hさん。この床、無塗装品なので、あとでオイル塗りが必要です。







(02/23)


15年後の増改築


2006年に竣工した習志野市の「秋津の家」。1年ちょっと前にも相談を受けていたのですが、いよいよ増改築計画スタートです。子供部屋ほかの増築とメンテナンスを兼ねた改修です。16年前に作った模型!に増築部分のヴォリュームを組み合わせながら、実物の中で打合せという不思議なシチュエーション。

習志野市 木の家

設計スタートした時は2004年だったから、もう17年越しのお付き合いだったり。感慨深いですね〜。











(02/22)


足場解体

墨田区のタワーハウス、足場が外れました。10坪の土地ですが、建物が台形の形状なので大きく見えますね。


狭小住宅


見上げたアングル。
モルタル外壁


玄関ドアは、これから施主Hさんと私でシャビーな質感に塗装します。というかTRYします。さてさて、内部も含めて仕上がりが楽しみです。






(02/21)


2021年になってました。


webにまで手が廻らず、すっかり放置状態になっていました。イロイロ進行中です。まずは現場。「南久が原」は年末に完成し無事に引っ越し。「逗子のリノベ」も終わりました。「二子玉川スタジオ」と「墨田のタワーハウス」は、引き続き施工中です。現在動いているのは2現場なので精神的に随分余裕が産まれました。
続いて設計中。「藤が丘」と「自由が丘」は、あともう少しで見積り依頼できる状況です。その他リフォームが数件ありまして、ようやく動かし始めました。

T邸、外壁施工中。白のガルバです。正面ファサードはこれからですが、左官と塗装のミックスになります。
二子玉川 ガルバ

1階のスタジオ、施工中。天井高さ優先でエアコンはあえて露出です。垂れ下がっているダクトは全熱交換器のダクト。室温をキープしたまま換気するシステムです。
撮影スタジオ



-----------------------


墨田のタワーハウス、1階のショット。超狭小住宅なので、切り詰めた結果産まれた3次元的な納まりが面白かったりします。
狭小


階段










---------------------
6年ほど前に手がけた「LEGO HOUSE」のHさんから、子供部屋その他をリフォームしたいのだけれど?と相談があり、久しぶりに伺ってきました。
LEGOブロックの模型、色褪せ具合が年月を感じさせます。
レゴブロック


真っ暗なトンネル(玄関)は健在です。
トンネル玄関


質感のある室内の塗装(Hさんの自主施工)は劣化もなく、綺麗なままでした。
ポーターズ




ふぅ〜、やっとweb触れました。

(02/20)